誓いの日

平成28年11月9日「誓いの日」を行いました。「誓いの日」とは、学生一人一人が看護師を目指す上での今の気持ちや決意を表し、それに向けて、どう努力していくかを仲間と教員の見守る中、誓いを立てるセレモニーです。互いに誓い合い、仲間と思いを共有することで、同じ目標に向け一致団結して頑張っていこうという気持ちになりました。
 誓いの後、(株)アース 取締役副社長 船後靖彦先生による講演会を開催しました。船後先生はALSという難病を患いながらも、私たち学生に自らの体験に基づいた病気の辛さや障害と向き合い、前向きに生きることの大切さを教えて下さいました。
 また同時に看護師を目指す私達に「制約や制限なく、相手の幸福を願う愛」で患者さんと接することが肝要であり「いたわりの心」を持ち続けて欲しいとメッセージをくださいました。
 一日を通して、改めて看護の多様性や責任の重さを感じることができ、この日誓った理想の看護師に近づけるよう、日々精一杯努力していきます。

<★たまごのつぶやき★28期 臼井 さおり/木村 祐人>

関連記事

  1. 永耕祭

  2. 28期生「災害看護と国際看護」の授業風景

  3. 梅の花

  4. 授業風景・成人臨床看護2

  5. 卒業記念講演

  6. 秋季防災訓練

PAGE TOP