28期生「災害看護と国際看護」の授業風景

看護とは何か、保健医療福祉従事者の一員として看護職の役割とは何か、今求められている看護とは何か、などを学びます。看護の本質を考える授業ともいえるでしょう。
この1回目の授業では、これからの学習が始まる前に、今自分たちが考える看護について意見を出し合っています。授業を通して、今考える看護がどのように変化するのか、または変わらないものは一体何か、学生個々の看護に対する考えが膨らむことを楽しみにしながら授業を展開したいと考えております。

<担当教員:三島 雅子>

関連記事

  1. 卒業記念講演

  2. 秋季防災訓練

  3. 28期生 人間関係論合宿

  4. 1日看護体験

  5. 「生活と芸術」発表会

  6. 28期生「初ベッドメイキング」

PAGE TOP