「地域・在宅看護技術」卒業生が講義をしてくれました

 卒業後、3年間平塚共済病院で勤務した後、2014年より帝人ヘルスケア株式会社にて看護師として働いています。企業看護師として在宅における患者様のHOT(在宅酸素)、NPPV(非侵襲的陽圧換気両方)等のご使用状況の確認や地域連携体制のサポートをしています。
 病院以外で働くとは思っていなかったので自分でも正直驚いていますが、病院での経験を活かし働くことが出来ます。看護師は多方面で活躍できると身をもって経験していますので、皆さんも沢山の可能性を見つけてみてください!

 「地域・在宅看護技術」の授業では、弊社で取り扱っているHOT,NPPVの使用方法の説明や実際に機械を使用して患者様となって体験していただきました。実習や臨床の現場において、授業で体験したことを少しでも思い出してくれたら嬉しいです。

講義をしてくれた20期生 Aさん

<20期生 Y.A>

関連記事

  1. 第35回 入学式

  2. 35期生「人間関係論」研修

  3. 老年看護学概論

  4. 33期生 卒業式

  5. 2年生 地域在宅・看護技術

  6. 10月18日(水)はホームカミングデイでした。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、
Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

PAGE TOP