34期(2年生)「老年看護技術」の授業でオムツやパッドについて学びました!

 今回は、排泄ケアアドバイザーをお招きし、排泄ケアについての考え方やオムツの役割などについて講義していただきました。
 オムツの選び方や、オムツがその方の生活の幅を広げるために使われているのかはとても大切!特にオムツがどのくらい吸収するのか、青い水(疑似尿)を使っての実験はイメージがついて分かりやすかったです。また、自分で着用することで、どこに当たるのか、動きやすさはどうかなどについて体験することができました。

 今日の学びを活かして、実習では患者さんに寄り添ったケアができるよう心掛けていきたいです!

<たまごのつぶやき 34期生 K・H>

関連記事

  1. 卒業記念講演2024

  2. 1年生:病理学総論Ⅱ☆校外授業

  3. 35期1年生 誓いの日☆2023

  4. 第35回 入学式

  5. 10月18日(水)はホームカミングデイでした。

  6. 老年看護学実習

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、
Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

PAGE TOP