卒業生の活躍

卒業生の活躍3

 昨年卒業した26期生の金原です。皆さん元気に看護の勉強をされていますか?今、僕は秦野市にある国立病院機構の系列「神奈川病院」の5病棟(呼吸器外科・消化器外科・小児科・外科病棟)で働いています。別に実習で周手術期が得意だったわけでも、病棟で働ける自信があったわけでありませんが、外科という響きがカッコイイというイメージ(と、キャリアを積んで早く一人前の看護師になりたいという気持ち)が強くて、気づいたら外科病棟に希望を出していました。 働き出してみると、学校では習わなかった新しい処置や看護以外の事務手続きなどもあり、毎日常に何か新しいことをしていて、朝情報収集をするたびに、「今日は乗り越えられる気がしないわ・・・。」と思いながら働いています。しかし、こんな行き当たりばったりな僕でも外科病棟で働くという夢を叶えられているのは、先輩の日々の手厚いフォローがあるからでして・・・(汗)。まだまだ習得しなければいけない技術も知識も沢山ありますが、先輩に支えられながら楽しく仕事をさせていただいています。 これから皆さんが目指している看護師は、資格を持って行う専門職だけに、日常生活では経験することのない出来事や処置が沢山あります。もちろん、それに伴い学ばなければいけないことも沢山ありますが、きっと充実した日々を送れると思います。ぜひ看護師になって一緒に働きましょう!みなさんと一緒に働ける日々を楽しみにしています。 <26期生 金原 由喜雄> 現「神奈川病院 5病棟 看護師」

PAGE TOP